沿革

1959年~1969年(昭和34年~昭和44年)
1959年(昭和34年) 日本化学機材株式会社設立。
ニッケルめっき液中の金属不純物除去剤「ニケロン」及び自動めっき装置普及を促進した電解脱脂剤「デラスターA」を発売。
1960年(昭和35年) めっき素材をいためない剥離剤「リップマスター」を発売。
1961年(昭和36年) 脱脂剤15品種「マックスクリーン」シリ-ズ発売。
ノーブラッシングを目的とした電解脱脂、脱錆、脱スマット剤「ライトアップ#202」を発売。
有害なガス、ミストの発生が少なく、金属の侵食が極めて少ない粒状酸「コケイサン」シリ-ズ発売。
1963年(昭和38年) 大阪営業所を開設。
1964年(昭和39年) アルミ・アルミ合金上への電気めっき法「スーパージンケートプロセス」を発表。
1965年(昭和40年) 本邦初の精密立体ろ過材『カートリッヂジャスト』装着のKKフィルターを発売。
ABS樹脂のめっき法「ケミプレートプロセス」を発表し販売開始。
1967年(昭和42年) 名古屋営業所開設。
世界にさきがけプラスチックのワンラックめっき法の開発に成功。
1968年(昭和43年) 横浜に鉄骨造3階建の製造工場新築。化学研究所も拡張する。
1969年(昭和44年) 画期的な耐食性めっき法「エバナイ・プロセス」を発表。
1970年~1979年(昭和45年~昭和54年)
1970年(昭和45年) 公害防止対策として、無青化の電解脱脂剤「デラスターV」及び無青化剥離剤「リップマスター・プラス」発売。
「KKフィルター」ミニから362の大型までラインアップ整う。
横浜工場増設。
1972年(昭和47年) 電解脱脂剤「タフクリーンEX」を発売。
高崎出張所(現在:営業所)開設。
1973年(昭和48年) めっき治具の銅、ニッケル電解剥離剤「ER-V8」を発売。
厚木事業所開設、横浜工場製造部門の一部を移す。
1974年(昭和49年) クロム色のスズ・コバルト合金めっき法「スタナロイ・プロセス」発表。
「タフシャイン」シリ-ズ発売。
1975年(昭和50年) 無青化、無燐酸、無珪酸の鉄用電解脱脂剤「タフリキッド」を発売。
厚木事業所の工場増設。
1976年(昭和51年) 公害防止活動の一環として計量証明事業を開始。
「クリーンマスター」シリ-ズを発表。
1977年(昭和52年) 厚木事業所に機械工場1棟を新築。
1979年(昭和54年) 創立20周年を期にキザイ株式会社と改称。
横浜営業所開設。
1980年~1989年(昭和55年~平成1年)
1980年(昭和55年) 金色めっき浴「キンブロンズ」、酸性電解脱脂剤「サンデンカイ」、はんだ付性液特性に優れた中性スズめっき法「ピロバス錫」を発売。
1981年(昭和56年) フッ素イオンを含有しないハンダめっき「カルボンハンダ」の開発に成功。
酸性無電解ニッケルめっき浴「ナイコME-SD,BR」を発売。
CHEMTECH ELECTROPLATING CHEMICALS LTD.を香港代理店に起用。
1982年(昭和57年) 金沢工業団地(横浜)に排水、排気等公害防止施設を完備した横浜事業所が完成、横浜(日野)研究開発部門を移す。
1983年(昭和58年) 黒色めっき液「スタナロイ ネオブラック」を発売。
1984年(昭和59年) 新しいセラミックスへのめっき法「ナイコ-CERプロセス」を発表。
1985年(昭和60年) 自動補給に最適の無電解ニッケルめっき液「ナイコME-AR」を発売。
新素材マグネシウムとその合金に対処する「スーパーマグネプロセス」を発表。
1988年(昭和63年) 本格的な鉄素地上の無電解ニッケル剥離剤「NRP-20」発売。
1989年(平成1年) 塩素・フッ素イオンを含まないハンダめっき液「カルボンハンダ・CF」発売。
多目的過機 ORFシリ-ズ 6種(3,6,10,15,24及び36)となる。
厚木事業所に第3工場増設。
1990年~1999年(平成2年~平成11年)
1991年(平成3年) コケイサンAの精製品「コケイサンAS」をプリント基板用前処理剤として発売。
申東貿易を韓国代理店に起用。
ニッケルめっき用繊維状活性炭使用の「カーボンジャスト」発売。
1994年(平成6年) 銅・銅合金上の無電解ニッケル剥離「リップマスター NRP-01」発売。
1995年(平成7年) 硫酸銅めっき用繊維状活性炭使用の「カートリッヂジャストC」発売。
1996年(平成8年) 銅・スズ合金めっき液「スタナロイ スペキュラ」
黒青色光沢のスズ・コバルト合金めっき液「スタナロイ パールブルー」を発売。
1998年(平成10年) プラスチックまたはステレンス上のノーシアンの銅・ニッケル剥離剤NRP-100A,Bを発売。
1999年(平成11年) 小型ろ過機 K-05,1を発売。
ISO9000取得。
2000年~(平成12年~)
2000年(平成12年) 0.5μのカートリッヂフィルタージャスト No.K5を発売。
超大型ろ過機WAB-72Ⅱを発売。
2001年(平成13年) 環境にやさしい洗浄剤 エコガードクリーナーBG-2001(非鉄用),BGF-5000(鉄用) を発売。
無光沢有機スルホン酸スズめっきアシデンMSを発売。
鉛フリー 弱酸性スズめっき ハートボンダーSN-22を発売。
2002年(平成14年) アルミダイカストの硬質アルマイト添加剤「ダイカハード」を発売。
スズ・スズ合金めっきの酸化防止剤「アンタイオキサイド202」を発売。
ISO9000から9001へ移行。
2003年(平成15年) マグネ上の化成処理「MAGICプロセス」を一般向けに発売。
電解治具剥離液 スラッジ補足用 ろ過機スラッジキャッチャー K-R10発売。
2005年(平成17年) 鉛フリー無電解ニッケルめっき液「ナイコME-HLB・HLS」を発売。
脱脂剤の一部を、環境ホルモン疑似物質不含のⒽシリーズへ転換。
2006年(平成18年) スラッジキャッチャー K-R101、小型ラボ用ろ過機 LA-6Zを発売。
2007年(平成19年) KZ型ろ過機を開発。第一弾として、小型ろ過機 KZ-4,8(PP)(PVC)を発売。
スラッジキャッチャー K-R08を発売。
2008年(平成20年) 無青化型白色銅・スズ合金めっき「ノーシアンスペキュラ」を発売。
中型ろ過機 KZ-10,15(PP)(PVC)を発売。
2011年(平成23年) 銅・銅合金上の剥離に「ニューリップマスター#1219」と共に使用するC-ST添加剤を発売。
無青化型銅・スズ合金めっき(厚付け用)「ノーシアンスペキュラWBR」を発売。
悪臭のしないスズ-ニッケル黒色めっき「スタナロイ クロ」を発売。
2012年(平成24年) バレルめっきに特化したスズ-コバルト合金めっき「パールブルー H-EB」を発売。
2013年(平成25年) 大型ろ過機 KZ-24,36を発売。